兼任オタクは忙しい。

ハロオタでジャニオタのプリンセス(北の愚民)の日記。

ISLAND TV生配信(Travis Japan Concert 2019 〜ぷれぜんと〜)視聴してみた

第一次社畜期間をなんとか乗り越えましたわたくしです。ここ最近特にオタク活動的には可もなく不可もなく、ただ粛々とJUMPのツアーDVDを待ち続ける毎日です。

 

 

ISLAND TV、始まる

去る2月の下旬ですね、ジャニーズJr.の公式エンタメサイト「ISLAND TV」開設が発表されました。目玉は生配信。500円で、ライブの前半のみ。

 

これを聞いてファンの皆様はどう思ったでしょう。

わたしは正直「2倍かもうちょっと払えるから全部見せてくれ、くださいと思いました。

 

しかしここから色々思うところあり、百聞は一見にしかず、参加せぬ者文句言うべからずと思い立って500円を納めてみました。

 

ちなみにコンビニ納付とクレジットカード納付で申込期限と支払期限が異なりますのでご注意ください。

なお、自宅のテレビのウェブブラウザで視聴を試みましたがナントカカントカって英文で弾き出されました。だって大きい画面で見たかったんだもん。

あと、開演が18時ですが18時までにログインして待っていないと最大視聴台数とやらの制限で再生できない可能性があるとの注意書き。そんなの絶対イヤなので死んでも定時で帰ります。おやすみなさい。

 

(-_-)zzz

(●ↀωↀ●)!

ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

 

43分500円の生配信視聴を終えて

ハイ。死ぬ気で定時で帰ってスタンバイしました。

f:id:music37life:20190326185855j:image

 

定刻1分遅れで開演、配信が終了したのは18時43分でした。43分で500円。いかがでしょうか。個人的な感想をつらつら。

 

画質:ふつうによかった。

音質:ふつうによかった。コールアンドレスポンスのファン側の声があんまり聞こえなかったのがちょっと残念だけどまぁ仕方ない。

ストリーミング:たまにジジってなったけど許せる。43分で3回くらい。

カメラワーク:ライブみたい。ここは7人のフォーメーションが見たい!というところでアップになるとことかも含めてライブDVDみたい。

金額:分単価11.6円。うむ。

観終わった感想:ぜんぶ見たい。

 

結論、ぜんぶ見たいですね、やっぱり。ISLAND TV で観てるみんなはここでお別れです、バイバーイ!じゃねぇよ!!ってハリセンボン近藤春菜バリのツッコミをしたくもなります。「会場のみんなも一緒にバイバイしよう」というトラジャのみんなの優しさが逆につらかった。現地の人たちはまだまだトラジャにプレゼントたくさんもらえるのに、こちとらバイバイなんて(´・ω・`)わたくしは心の狭い人間なのです。現地には行けない、配信は半分しか見せていただけない、そのうえ映像化もしないなんてなったら救いをどこに求めれば良いのでしょう。

 

「視聴者数」が示す先

そう、映像化するかもしれないという噂がSixTONESさん公演の際に香り立ちました。わたしがTravis Japanの生配信を観よう、お金払おうと決めた最大の要因かもしれません。我々は試されているのでは?そう、きっとタッキー社長に試されているのだ。YOUたち、Travis Japanに興味あるかい?興味があるならお金を落とせるかい?なぜか悪代官風のタッキー社長にそう言われているような気がしました。明らかな数字となる 「視聴者数」 がスノストトラジャの明暗を分けてしまうかもしれないと思ったらとりあえずお金払おうと思った。

 

Sexy Zoneのサマパラみたいにさ、3枚組で売ってくれたら良いと思うのですが…ジャニーズJr.のファンは映像に飢えてるから普通に売れると思うんだけどなぁ。しかもわたしみたいに「SixTONESさんはちょっと…怖くて…」とか言ってるほぼ初見の他担オタクがライブ映像見てコロッと「SixTONESマジ最高ハンパねぇアメージングHooooooo」とか言い出す可能性も秘めています。一石六鳥くらいの利益ありませんかね?

 

祈りましょう。ひたすらに。わたくしもHey!Say!JUMPのツアーDVDの発売を願う気持ちと同じ熱量でこの公演がDVD化されることを祈ります。いいこで待ってます。

 

ハロー!プロジェクトさんのように公演がスカパー生配信なんてされる時代がジャニーズ事務所さんにもやってくる日が待ち遠しいですね。待ってる間に松松ババアから松松オバァになってしまいそうですけどね。

 

公演レポート(ISLAND TV ライト版)

さて、ここからは何事もなかったかのように Travis Japan Concert 2019 〜ぷれぜんと〜 の公演レポを綴ります。笑

 

Happy Groovy をアレンジしたインストで、ジャニーズライブ恒例のメンバー紹介。途中まであんまり気にしてなかったのですが七五三掛くん「SWEET」松倉くん「LOVE」松田くん「EMOTION」とセリフが入っていて、後に七五三掛くんがSWEETをテーマにプロデュースした曲目を扱っていたところからしますと今回は一人ひとりからぷれぜんとっていう演出なんですね。すてきですね。


一曲目はそのまま、Happy Groovy。

宙吊りシャンデリアから登場。踊らないHappy Groovyだいぶ新鮮。キンキラ吹雪のなか微笑む松田くんかわいかったです。


Tonight冒頭のノエルくんの煽りがおっかねぇお兄さんでした…煽る煽る。少年倶楽部で5人のTonight見ましたが、7人のTonight初めてな気がします。サマパラでもやっとらんかったもんね。この曲における中村くんのオラオラしたラップが大好きなのですが、かぶせ有りだったの悔しかったです。中村に代わって悔しいです。

サビ前でカメラからおもむろに視線を外す宮近くんかっこよかったです。

 

supernovaもかっこよかった〜。ペース配分かな?ちょっと抜きながら踊ってるかな?と感じてたのですが通路でガツガツ踊ってた中村くん見て安堵しました。

 

聞き慣れたイントロの明日へのYELL!

出だしも落ちサビもノエルくんというノエルくん曲でした。人が変われば曲の雰囲気も変わるのね。

 

宮近吉澤のダンスで魅せるイントロダクションが美しかったです。なのに喋り出すと「みなさん、後半戦も…あ、違ったww」とか言っちゃう宮近くんギャップ萌え。


夢のハリウッドはフルバージョン!この曲にかけるメンバーとファンの想いの強さすごい。

宮近から松松につなぐ2番冒頭が大好きな松松ババアのわたくし、この場面をやや引きで撮ってくれたカメラマンさんには感謝してもしきれぬ。ありがとうございます。中村くんの落ちサビも最高、掴み上げた拳も最高でした。梶山くん見とるか。

ラストのタップで宮近くんが「みんなも一緒に!」って叫んだけど無理ゲーすぎる。

 

愛のかたまりでは、1番はしなやかなコンテンポラリーダンス風、2番からはキビキビ踊る二段階構成が魅力的でした。吉澤くんは手足が長いわけでもなくスタイルが良いわけでもないと思うのですが、それをカバーして余りある所作の美しさしなやかさは彼の神器だなと感じました。あと七五三掛くんのソロパートが意外とかっこよくて、きっと舞台のために努力してるんだろうなと感心しました。薮のミュージカル見たかった。つらい。


これは松松の曲…!?ONE DAY は、松松のえる曲でした。しっかりお互いの声を聞きながら絡み合うコーラスが素敵でした。

f:id:music37life:20190326191651p:image

 

アンブレラを持った5名で踊るビッグバンド風のwish(嵐さん)は間奏も全然違うしそもそもキーも違うしまるで別の曲でした。すごいね。


ノエルくんプレゼンツのTAMERという曲は、中間淳太くんのソロ曲らしいです。椅子を使ったオシャンでSexyな振付がたまらん。

 

180度イメチェンな七五三掛くんプレゼンツの曲はSuper Tasty! 花束の似合う可憐な男子、七五三掛龍也さん。わたしも花束を投げられたい、むしろ花束を構成する花になりたい。最後の決めポーズもなんというか良いとこどりの小悪魔しめちゃんが前面に出てて良きでした。

 


welcome to our party(嵐さん)からいいね!(キスマイさん)はトロッコターンだったのですが、この繋ぎが繋ぎが秀逸すぎて同じ曲のようでした。アレンジ最強だな。わたしもトロッコから手を振られたい、むしろトロッコの車輪になってメンバーを支えたい。

 

T-J-Calling!では松倉くんの「なんちゃってー」が聞けて幸せな気持ちになりました。

「ファンのみんな…ご飯おごって」とか言い出す中村くんは事務所公認ヒモボーイだし、「ファンのみんな…俺のこと拾って」とか言い出す七五三掛くんは事務所公認ワンコボーイだと思いました。最後のノエルくんアクロバットすごぉぉいからの、宮近くんの変顔やばかったです。あれは本気の変顔。あらびき団指原莉乃もびっくり。

 

ここで一休みのMC。ということは我々にとってはお別れの時間。つらい。

MCではISLAND TVにも触れてました。生配信を見た人が自分たちのファンになってくれるかもしれない、ジャニーズJr.を初めて見てくれる人もいるかもしれない、だから頑張るという前向きなコメントでした。YouTubeも頑張ってるもんね。いつまでも直向きに進んでほしいなと心から思いました。後半も、がんばれ。

 

「後半も、がんばれ。」で終わるレポを書いたのは初めてです。以上です。

f:id:music37life:20190326203629p:image