兼任オタクは忙しい。

ハロオタでジャニオタのプリンセス(北の愚民)の日記。

ジャニオタ4年生のジャニーズ楽曲大賞

こんばんわ。4月に控えている薮のミュージカルを無事に観劇できるのかとても不安になっている者です。日本列島が早く穏やかに戻りますように…。

さてブログを書くのが遅れていましたが2019年もジャニーズ楽曲大賞に参加しました(´∀`)今年も楽しいコメントがいっぱいで、埋まっていくタイムラインをニヤニヤしながらスンスンしてました。スンスンとはツイッターのタイムラインを上に遡っていく時の画面を擦る指の音です。スンっ…スンっ…

 

それではわたくしのジャニーズ楽曲大賞2019を発表いたします。

 

 

楽曲部門

 

1位「ファンファーレ!」 Hey!Say!JUMP (本家第1位)

わたしの内に眠りかけていたジャニオタ魂を呼び戻してくれた一曲でした。 

idol-kenota.hatenablog.jp

  

2位「Turning Up」 嵐 (本家第3位)

デジタル化していくジャニーズの流れにとうとう国民的アイドルも乗っかって来た記念すべきタイトル。ほどなくしてアップされたダンスリハーサル動画が最&高でした。

 

 

3位「Black Sugar」 A.B.C-Z (本家第19位)

突然のA.B.C-Z。この曲めためたカッコ良かったと思うんですけど。ちゃんと売れましたか?心配です。

中毒性悶絶制御不能過敏性胸内炎症のくだり最高だったしその後ろで流れてるパッパリッパリッパリッパリッピッっていう電子音も最高でした。あーはーハァーのハァーが好きです。小クラで喋ってる河合くんと甘美な目つきの河合くんが別人のようで萌えます。あと塚ちゃんの歌声はシロップのように甘い。よい。

 

4位「Naughty Girl」 King & Prince (本家第9位)

彼らはもうキラキラ王子様のイメージから永遠に抜けられないのではないかと勝手に心配していましたが、そんなことはなかったぜ!そうだった、デビュー前はわりとシャツ全開でオラオラしとった。思い出した。

 

5位「Dance with me」 King & Prince (本家第205位)

岸くんが喋り出すだけでドライブ中の車内がショータイムでした。

 

 

未音源化部門
 

1位「ダイヤモンドスマイル」 なにわ男子(本家第1位)

歌詞が良い、メロディーがよい、ダンスがよい、大橋和也くんの歌がうまい。一時期ほんとに隙あらば1秒先はもっともっともっと輝いてたし何度プラチナのジェットに乗ったかわかりません。プラチナのジェットに乗るだけで人ひとり虜にしてしまう大橋和也くん何者なん。わたしの中でなにわ男子とは西畑大吾くんを中央に据えている大西流星くんがかわいいだけのグループ(失礼)だったのにプラチナのジェットに気付いた瞬間突然キラキラと輝き始めました。勢いでデビューしちゃいそう。ダイヤモンドスマイル末恐ろしい。ていうかデビュー前にJr.に与えられるオリジナル曲の出来が良すぎる。SixTONESのデビュー曲なんでジャポニカスタイルにせんかったん?と自問自答する日々。

 

2位「VOLCANO」 Travis Japan(本家第12位)

サムネ跳びすぎ且つオースティン様のおかげもあってダンス動画がややバズりしたのでわたしも嬉しかったです。サビまでは宮近海斗のビクトリーロードを創造する壮大な序章である。松倉海斗くんが2番終わりの超イケてるパートを任されてるのに同時に激しいダンスが始まってしまうもんだから一度もアップで映してもらえてない(わたし調べ)ところが愛おしかったです。


Travis Japan【ダンス動画】VOLCANO (dance ver.)

 

 

 

3位「Make It Hot」 Snow Man(本家第19位)

新メンバーが加入してデビューを控えて、ああ、Snow Manってこれからこんな感じになっていくんだなぁって実感した曲。一人だけ子ども加入させちゃってどうするつもりなのかしらと思っていましたがむしろラウール脚長い踊りうまい声質飛び道具バラエティNGなしちょっとおバカというあらゆる要素を併せ持っていてやべぇ奴だった。持て余し気味の脚についつい目がいってしまう。作戦通り。あとわたしはこの曲で渡辺翔太さんの歌唱力に気付いてしまった。出逢いはいつも突然。

 

 

MV部門
 

「ファンファーレ!」 Hey!Say!JUMP (本家第3位)

高木雄也と擬似ドライブできる素敵な映像作品です(違う)。外ロケあり、屋内撮りあり、メンバーそれぞれ別場所で撮影されてたりと充実の内容でございました。個人的にはラムネを爆発させる有岡大ちゃんにリア恋でしたね。あと何より山田の顔が美しい。山田の顔が美しいこの世界はなんて素晴らしい世界なんだ!

 

1位が「Namidaの結晶」だったことにはちょっと驚きました。わたしTravis Japanは大好きだし曲も振り付けも大好きだったのですが、口元が全部隠れちゃう衣装がなんだか勿体ない気がしてしまってMVはそれなりの感想でした。でも初めてもらえたMVだからメンバーもファンも嬉しかったね。Jr.のMV花舞いがちだね。

 

 

現場部門
 

1位「ARASHI Anniversary Tour 5×20」(本家第2位)

1位も何もわたし2019年これしか現場に行けていない笑。いや違う、唯一行けたのがこのライブで良かったです。嵐さんと嵐さんのファンが紡いできた歴史の重みを感じました。古参も新規もみーんな楽しませてくれる嵐さんやっぱすごいなと思いました。北海道公演では人の夫となった二宮和也を初めて見守らなければならなかったわけですが、思ってたほど負の感情は芽生えず、わたしは二宮和也というアイドル、二宮和也というパフォーマーの姿に惹かれているのだなと思いました。さすがに二宮さんが「果てない空」を高らかにソロ歌唱し始めた時は妻の顔が脳裏に浮かびましたが笑、あれいい曲ですねマジで。

 

2位「ジャニーズJr. 8.8祭り〜東京ドームから始まる〜」(本家第19位)

初めてジャニーズJr.のDVDを買ってしまいました。いろんなグループが一堂に介しており、ストスノさんから少年忍者、ちびっこたちや普段あまり見られない宇宙Sixさんなどなど…いろんな人のパフォーマンスをじっくり眺めることができて楽しかったです。宮近海斗くんの「残酷さもエンターテインメント」は名言リストに載りました。がんばれトラジャ。

 

3位「Hey!Say!JUMP LIVE TOUR SENCE or LOVE」(本家第5位)

ただただ行きたかった…やつ…

(悔しすぎてBlu-rayの感想すら出ぬ)

 

細く長くジャニオタでいられるよう今年も精進いたします。この記事を公開する直前に、タイトルが「ジャニーズ4年生のジャニーズ楽曲大賞」になってて自分いつのまにか事務所入りしちゃってたことに気付きました。慌ててオタクに戻りました。それでは!

乗り遅れましたがハロプロ楽曲大賞'19です

あけましておめでとうございます。2019年12月が嵐のように過ぎ去りすぎて、いろいろ忘れたりなくしたりとんでもない1ヶ月でしたので、お察しのとおりハロプロ楽曲大賞の投票期間も気付いたら終わっていました。くそっ。しかしわたしの心の中でいつだってハロプロは歌い続けている。(どうした)

それではわたしのハロプロ楽曲大賞'19をつづります。

 

楽曲部門

(カッコ内が全体順位)

 

❶Juice=Juice/「一人で生きられそう」ってそれってねぇ誉めているの?(1位)

かりんちゃんの冒頭歌い出しだけで「こりゃ優勝だな」と思いました。うたコンやMUSIC FAIRにも出させてもらえて、新メンバーを加えて撮り直しver.を作成したり、リリックMVを作成したりとJuice=Juiceにチャンスを沢山与えてくれた楽曲だと思います。歌い出しのかりんちゃんと落ちサビのるるちゃんは同じメロディー同じ歌詞を歌っているのに雰囲気が全然違って興味深かったです。

 

モーニング娘。'19/I surrender 愛されど愛(8位)

ガツガツしたロックな曲調が好きです!

大好き、大好き、超大嫌い

最低、最悪、But 好き

っていう歌詞たまりませんわ…

なんでなの!?なんでなの!?なんでなの!?わかんないの!?って逆ギレもいいとこなんですけどそれが良いんだ…それがつんくの描くオンナなんだよ…

落ちサビあかねちんの「ありえない」バァァンもすごくカッコ良いしインパクトありました。

 

つばきファクトリー/3回目のデート神話(17位)

メロディーが印象的で気づいたら口ずさんでる系ソング。サビ前の「ねぇ、知ってる?」がみんな情感いっぱいで切ないなぁ可愛いなぁと思いながら聞いていました。まおぴん、ききちゃんが高らかに高音と低音を華麗に歌いこなしたあとにしっかりと脚を広げてスタンバイポーズに入るところが大好きです。

 

つばきファクトリー/ふわり、恋時計(14位)

なんて美しい曲、美しい歌詞、そして美しいつばきファクトリー…と思いました。つばきファクトリーのつばきらしさってこういう曲調のときにしみじみと感じます。透明感ありすぎて消えてしまうんじゃないかと心配になるおがたりさちゃんが好きです。いい意味でハロプロ感の薄い、ただの良い曲。

 

 

モーニング娘。'19/青春Night(4位)

青春Nightも人生ブルースもどハマりはしなかったのですが、こっちの方はなんだかんだリズムが頭にスッと入ってきてました。

野中の「きっみっがいなきゃっね」と

まーちゃんの「おっわっりのさんっだん」の

リズムがとっても好き。つんくのリズムだわぁと安心します。あと全てにおいてちぃちゃんが可愛い。

 

 

MV部門

(カッコ内が全体順位)

 

アンジュルム/夢見た 15年(23位)

f:id:music37life:20200113153705p:image

Juice=Juiceのやなみん卒業曲もグッときましたが、和田彩花さんの卒業曲であるこちらはタイトルもMVも振り付けもエモさの塊でした。アンジュルム歴さほど長くないわたしでも「やだ…エモ…」ってなるのですから、ヲタクルムの皆さんの心中は察するに余りありますし、あやちょの積み上げてきた功績というのはやはりとても大きかったのだなと思いました。わちゃわちゃ笑ってるアンジュルムは最強です。あやちょが居なくなってから今日の日まで…りなぷー、かななん、ふなっき、そしてむろたんまで卒業するなんて思ってもいませんでした。アンジュルムの「変わらぬままそこにある真理」とはなんなのでしょう。見守っていきます。

 

❷Juice=Juice/微炭酸(15位)

YouTubeのサムネまなかん!?で最初びっくりしました。かりんちゃん&まなかんW主演の自主制作ムービーを見ているような気持ちでした。ストーリーパートの2人の衣装がすごく大人っぽくて素敵だったので、他のメンバーのコーディネートも見てみたかったです。やなみんの顔面の可愛さが最高潮で、みんなビジュアルが良くていい仕上がりでしたね。

 

鈴木愛理/Escape(25位)

かっこいいよねぇ本当にかっこいいんですよ鈴木愛理ちゃん。°C-uteというグループから離れて実力主義のこの世界で一人孤独に闘っているんです。何個も衣装着ていろんな場面のカットを撮影してもらってお金をかけてもらってさらに美しくかっこよくアーティスト鈴木愛理が創られているという点が最高。

 

推しメン部門
石田亜佑美(6位)

2020年1月7日、あゆみん23歳のお誕生日おめでとうございまりあ🐰去年より1ランクUP!嬉しいです。

佐藤優樹ちゃんは5連覇、そして強いぞ加賀楓ィー…。強すぎる。

 

ちなみにわたしの2020年の推しメンは

モーニング娘。'19石田亜佑美ちゃん横山玲奈ちゃん

アンジュルム 船木結ちゃん伊勢鈴蘭ちゃん

Juice=Juice 高木紗友希ちゃん稲場愛香ちゃん

こぶしファクトリー 廣瀬彩海ちゃん

つばきファクトリー 岸本ゆめのちゃん

BEYOOOONDS 島倉りかちゃん

ハロプロ研修生 米村姫良々ちゃん 石栗奏美ちゃん

 

以上です。See you Ayumin♡

 

2019年の総括〜薮に会うために2020年も生きる

2019年も残すところ数時間となりました。今年もいろんなことがありました。オタク熱は2017年以降年々ヒートダウンしている気がしますが、一つひとつは濃ゆかった印象です。

f:id:music37life:20191231230701j:image

#猫とプリンセスと観賞会

#またやる

 

以下まとめです。このブログで感想をしたためた案件についてはリンクを貼ってみました。

 

2019年参戦できたもの、楽しかったこと
2019年つらかったこと
2020年やりたいこと
  

2019年参戦できたもの、楽しかったこと

4月 頑張りすぎない条例施行に伴いシャニライ復帰

6月 マジLOVEキングダム入国

7月鈴木愛理 LIVE2019~Escape~@札幌 - 兼任オタクは忙しい。

8月 ファンファーレ!でJUMP愛を再確認

10月生まれて初めて観たアンジュルムのライブの話 - 兼任オタクは忙しい。

11月 嵐さん札幌公演♡

12月モーニング娘。'19秋ツアーKOKORO & KARADA 札幌公演 - 兼任オタクは忙しい。

 

現地4公演と2度の入国を楽しませていただきました。下半期はいろんなライブに参戦できて、初めての方、久々の方々、それぞれに個性的なパフォーマンスを魅せてもらえて元気をもらいました。カウコンで°C-ute最後の年にうっかり°C-uteを見てしまってからずっと会いたかった鈴木愛理ちゃんに会うことが出来たことが嬉しかったです。

 

 

2019年つらかったこと

1月 薮のミュージカルに落選

5月 JUMP地方公演なしの一報で心が折れる

6月 Travis Japanサマパラに落選

7月 JUMPコンFC先行落選

8月 Travis Japan虎者に落選

9月 とうとうJUMPのFCの更新を停止

10月 アンジュルム船木結ちゃん卒業の報せにパニック

 

たくさんのライブに参戦させていただいたのですが、自分で意を決して応募した公演にはほぼ落選しております…Travis Japanの舞台は本当に行きたくてかなり日程吟味して平日も応募しましたがまぁ落選したので落ちこみました。しゃーない。

あとアンジュルムを初めて観に行った直後に船木結ちゃんに卒業発表されたあの日の気持ちはだいぶトラウマです。鞘師の時もこうでした!くっ。

 

2020年やりたいこと

※理想妄想他力本願も全て含みます

生まなかんを観る!(2019年叶わず)

薮の舞台を観る!

光くんが紹介した東京のラーメン食べたい!

プリライ7thに行く!

V6のライブ行きたい!誰かお願いします!

蒼井翔太さんのライブへ行く!

そろそろTravis Japanに会いたい!!

今のところ、上半期は2019年よりもだいぶ濃密になりそうです。現場を楽しむことができることに感謝し、日々を大切に生きていかねばなりません。

 

2019年、お世話になった全ての皆様へ感謝いたします。2020年も頑張りまなかん、です。

 

はてなブログの運営様より指摘を受けましてブログ内容の調整を行なっております。文章はあまり変えないようにしていますが画像をかなり変更・削除しています。規約を遵守しながら今後もオタク活動について細々と綴っていく予定なのでどうぞよろしくお願いします。

 

モーニング娘。'19秋ツアーKOKORO & KARADA 札幌公演

 

モーニング娘。'19秋ツアーKOKORO & KARADA 札幌公演へ行ってまいりました。

今回の公演は本来は10月開催の予定でしたが、台風でメンバーが移動できなくなったため延期になったもの…そのため、ファイナル演ってからまた地方公演に戻るという不思議な展開になってしまったのです。しゃーない。

 

会場も当時はわくわくホリデーホールの予定でしたが、この延期に伴い札幌芸術劇場hitaruに変更となりました。これはわたしにとっては嬉しい誤算!行ったことない会場に行くのはわくわくします。

 

娘のツアーに行くのは久しぶりでした。最後に行ったのはいつだったかな…くどぅーも春水もはるなんも卒業して15期メンバーが加入して、歌割どうなってるのかな?浦島太郎状態のまま参戦したので、結果とても楽しかったです。

 

階段セットと、ハロプロといえば中央に1枚!のイメージだったパネルが左右に2枚だったことが印象的なステージ構成でした。

f:id:music37life:20191220233759p:image

曲に合わせて別々のイメージ映像を映し出したり、2人同時にメンバーをカメラで抜いてくれる場面もあって面白かったです。ただし字幕は小さいなと感じてしまいました…老眼…?

 

久しぶりに見た石田あゆみんは相変わらずダンスがキレキレ、笑顔がキラキラでかっこ可愛かったです。あゆみんがイントロや間奏でセンターにいると空気が引き締まる気がします。

佐藤まーちゃんは進化が止まらないって感じで、どこにいてもまーちゃんは探せてしまうくらいの存在感。それが良いのか良くないのかは人の感性それぞれだと思いますがわたしは個性的なパフォーマンスをするまーちゃんが大好きです。ツアー表題曲でもあるKOKORO & KARADAの「誰も止められない」の歌い分けが印象に残っています。強い女まさきと、か弱いまーちゃん。

 

f:id:music37life:20191220235119p:image

笑顔キラキラでつい目で追ってしまう可愛い可愛い横山れいなちゃん。ワンコのような印象しかありませんでしたが、シャボン玉の台詞パートで見せてきたヤバイ女感はすごかったです。されど愛の「大好き 大好き 超大キライ」って歌ってたときの表情もヤバイ女感すごかったです。横山れいなちゃん可愛いだけじゃなかった。メンヘラ女を演じさせたら娘。イチではなかろうか。

 

あと生田えりぽん

f:id:music37life:20191220235132p:image

高めポニーテールのえりぽんから滲み出る、ファイナルファンタジーに出てくるイイお姉さん感。かっこいい。表情もかっこよすぎるやろって思う瞬間がめちゃくちゃ増えました。えりぽんは道重イズムを一番引き継いでいるのではないか。可愛い角度、美しい角度、ファンが喜ぶカメラアピール、全部わかっててやってるに違いない。強い。

f:id:music37life:20191221000056p:image

 

新メンバー、ビジュアルは岡村ほまれちゃんが気になるがしかし北海道出身の山崎めいちゃんを応援しなければなるまいという強い使命感に燃えていたのですが…実際に目の前で見ると山崎めいちゃんは非常に良いですでした。コロコロ変わる表情とキラキラ笑顔、揺れるパンダちゃんツインテール…推し甲斐がありますわ。めいちゃんの日替りが真っ先に売り切れてたのも納得です。15期3人で「好きな先輩」を歌ってくれたのですが北川りおちゃんは歌の安定感があったのでなんてバランスの良い3人なのでしょう…ほまれちゃん北川ちゃんは本当に素人だったの??なレベル。ありがたい。

 

あ、そうそう日替りといえばわたしも無事にあゆみんの日替りを購入いたしました。前回参戦のときは余裕ぶっこいて開場くらいのタイミングで行ったらあっさり売り切れてたので今回は一時間前に並んだのですが、買うまでに1時間20分かかりました…開場してもうたわ。。売り切れ情報が見られる場所が1カ所しかなかったのですごく不安をかきたてられる物販でした。買えてよかった。ふぅ。

 

なんと2月のハロコンも参戦できそうなので、また会えるのがとても楽しみです。いやハロコンは完全に船木結ちゃんをこの目に焼き付ける目的9.5割で伺いますので…もういややぁ卒業せんといて〜 (´Д`) 寂しいけどしっかりとこの目に焼き付けます…推しが卒業発表してから会いに行けることは当たり前のことではないのである。

歌唱力に定評のない自担がオリコン1位をとった

先に言っておきますがわたしは来栖翔のことがめちゃくちゃ大好きです。

でも歌は正直アレです。わかってる言わなくたってわかってるよ、うんうん。仕方ないんだ、まずST☆RISHの歌うまーりっしゅの2人が上手すぎるんですよ。そして無難に何でもこなせる音也と聖川氏。下ハモリどんと来いの神宮寺。セシルは…かわいいよね。来栖とセシルはどうしても声質が特徴的なのでユニゾンに馴染みにくいところがあるんです仕方ないんだ。

でも来栖翔の低音パートはなかなかに最高なんですよみんな理解って!ファンタスティックmelodyの「変わり始めてゆく」を聞いた時は胸がキュンキュンしたよ。本人が男気全開すぎて作曲家陣がどうしても彼に叫ばせたいのか意外と音域が高めの曲が多いんですよ、これ改善の余地ありますよ。偉そうに言ってごめんなさいでもどうか来栖翔が低音イケボで切ない愛を歌うやつください。

そもそも来栖翔ってなんでSクラスなんだろう?って最初思いませんでした?わたしは思ったよ(嘘偽りがなさすぎる)。来栖翔がSクラスに居た所以において評価されたポイントの最たる箇所は間違いなく歌ではない、でもSクラスに居たということが物語っているんです彼は間違いなく天性のアイドルであるということを!だからいいの!歌がヘタでも!(表現を濁していた努力が水の泡)

 

うたの☆プリンスさまっ♪ソロベストアルバム 来栖 翔「Sweet Kiss

オリコンウィークリーランキング第1位おめでとうございまス!!!

(´ω` )/››♪‹‹(  ´)/››♪‹‹( ´ω`)/››

 

ウィークリー1位もおめでたいんだけどST☆RISHの来栖翔と過ごした2週間が幸福すぎたのでここからはただひたすら来栖翔について今日思ってることを語るだけのやつです。

 

f:id:music37life:20191222181714j:image

 

来栖翔といえば男気、男気といえば来栖翔か哀川翔というわけでうたプリ界隈では間違いなく男気すなわち来栖翔。

振り返ってみれば オレサマ愛歌 を歌ってたときは、オレサマとか言っちゃってさーちょっと強がりな可愛いBOYね⭐︎って感じだったんだ。たとえ離れても愛し続けるってさ…そうだよね手術で渡米してたもんね…もはや身体弱い設定は無かったことにされているのかと思ったらそうではなかったようだ。

身体弱いからこそ彼は コズミックRUNNER だったんだよね。 あんなに走ってたのは来栖翔かサンプラザ中野くんさんくらいだもんね。このあたりから若干の熱血感も出てきたんだけど、男気全開Go! Fight!! で「男なら…」って語り出した時は耳を疑いました笑。しかしこれが彼の代表曲となり、男気が彼の代名詞となる…運命のソングだったのだ。

TRUE WINGもアニメの印象が強いせいかやっぱり男気を感じる。熱血なのに来栖翔くん高所恐怖症なんだよねかわいいね。

 

Changing our Song!  や CHALLENGE! (またの名を「んあ゛ーーーーっ」)、すべてを歌にっ! は男気熱血といえば来栖翔でしたがポップでアツめの応援歌も来栖翔っていう方向性が見えてきた時期だったりもする。

そこに突如舞い降りた 初恋をまた始めよう である。この曲初めて聞いたとき全来栖担が「あら?」って感じたと思うんです。切なげなピアノ…からの走り出すストリングス…そして音数が減ったところになんだかいつもより切なげに語り出す来栖翔…むり…。来栖の曲は春ちゃん(中の人:藤田淳平さん)が作曲することが多かったんですがこの曲は母里治樹さんという方が作編曲をされております。調べたら美風のムネノコドウの編曲した人だったのでわたしのムネノコドウが高まりましたが2018年夏に退社されていることを知って絶命しました。

一度ラブな部分を見せてきたからこそ、わたしはソロアルバムの表題曲は絶対にかっこいい系が来るだろうと信じて疑いませんでした。Sから始まるならタイトルは「Show」を使った俺の全てをお前に魅せるぜ!的な歌じゃないかって予想したりしてたらまさかの Sweet Kiss でしたのでちょっと、よく、わからない、大混乱。

まんまとやられた。さらに公開されたジャケ写が甘々で大混乱。

あげく期間限定でTwitterが始まったら毎日朝晩かかさずわたしたちにキスをかましてくる来栖翔さん…殺しにかかっている…

 

来栖翔さんがここまで徹底してわたしたちに甘々に接してくれたり、かわいさの部分を見せてくれるようになったことにはマジLOVEキングダムでナギとシオンとユニットを組んだことが大いに影響しているとわたしは考えています。ほんと嫌だったの最初、みんな同じユニットにシャイニング事務所の誰かがいるのになんで来栖だけ完全アウェーなの?いじめ?来栖さん負けず嫌いなくせに聞き分けが良いから時々やたらといじめられるじゃん…って心配で仕方ありませんでした。

歳下かつ方向性が真逆のナギとぶつかることで男気一辺倒だった来栖さんは妥協点を覚え、歳下かつ異国ふわふわ系のシオンと接することでお兄さん感がさらに増したと思う。事務所が違う2人と関わったことで来栖さんの芸風は縦にも横にも広がったと思うんですこれもう向かうとこ敵なしですわ。

このユニットがなかったら来栖は元来照れ屋さんなので朝晩キスしてくれることなんてなかったよたぶん。ナギとシオンには感謝しなければならない。ナギもやばい奴だよな〜那月の弱さを強さに変え、来栖の新たな魅力を引きずり出した功績は大きいっすわ。みんなもっとナギを評価すべき。宇宙一かわいい。

 

来栖と過ごした2週間は、今まで以上に彼のプライベートな部分が知れて本当に幸せでした。家族を大切にし、聖川氏と味噌ラーメンを食べ、セシルとさおとメロンパンを食べ、音也とフットサルをしてから焼肉を食べ、トキヤとランチして、那月とカフェに行って、蘭丸先輩がくれたベーグルをありがたくいただき、那月と美風と3人で隠れ家カフェに行き、時には一人で夜食にツヤツヤの炒飯を作り、事務所のみんなとハロウィンパーティーをし、え、この人基本なんか食べてない??と思いました、最高。だって男気と食欲は切り離せないもの、そうよね?

いろんなエピソードがあったけど蘭丸先輩とご飯行ってるのは意外だったかな。蘭丸先輩見た目はロックだけど中身は男気だから話合うのかも?かっこいいもんなぁ蘭丸パイセン。来栖さん先輩に愛されがちだよね〜!カミュとのエピソードが圧倒的に不足しているけどきっと「翔は毛並みが飼っている犬に似ていますね」とか言って可愛がられているに違いない。

 

来栖翔は完全にアイドルなのに親近感がありすぎるというか、完全にアイドルなのに会社員みもあるというか、わかりますかね?帰ってきた途端あー疲れたー!風呂入りてぇー!とか言うくせにわたしたちファンへの感謝を伝える行為と朝晩のキスを欠かさないっていうギャップ萌え。

てっぺん取れなくたってわたしの中ではとっくにトップスターだよって思ってたけど、言霊って本当にあるんですね、彼はひとつ「てっぺん」を体現してしまった。おそろしい子…!

マジで来栖翔ってすげぇ男なんすよ。ほんと。好きだわ。半泣きで来栖翔を語るだけのブログ。

生まれて初めて観たアンジュルムのライブの話

※この記事はカントリーガールズや船木結ちゃんのアレコレがある前に書き始めていたものなので、途中から感情の浮き沈みが愉快な感じになっております。どうかご了承ください。

 

2019年10月13日、札幌ペニーレーンで行われたアンジュルムのライブツアーに行って参りました。

 

アンジュルムの単独に行くのは初めて!船木結ちゃんの全てと、竹内朱莉ちゃんの歌と上国料萌衣ちゃんの顔面を愛するわたし。ハロコンアンジュルムを観たことはあるものの、単独で目の前で観られることが楽しみすぎました。そして北海道出身の太田遥ちゃん、伊勢鈴蘭ちゃんもいるので!謎の親心を持って観に行きました(^^)

 

自分たちは整理番号が後ろの方で客層は女性も多かったので、女性限定エリアには全く入れませんでした…。ふなっきもかみこも背が低いんじゃ!見えぬ!しかし文句を言っても始まらない、同じ空気を吸っていることに感謝しなければならない。最終的には身長が高くてよく視界に入ってきてくださる川村文乃ちゃん笠原桃奈ちゃん佐々木莉佳子ちゃんの魅力をたくさん知れました。

 

タケちゃんは美人になりすぎていて最初誰だかわかりませんでしたほんとに。巻き髪ポニーテール女子力の塊!そのうえ歌もうまい歌割りも多い。リーダーとセンターとエースは違う存在派ですが、タケちゃんはリーダーでありながらエースの資質を持ち合わせていると思います。

f:id:music37life:20191030225542p:image

新曲MVもタケちゃん巻き髪…かわいい…

 

セトリに魔女っ子メグちゃんが入っていたのはとても嬉しかったです。この曲でかっさーの印象がだいぶ変わったという思い出の曲です。ももなー!ももなー!

 

MCでは今りんご飴だかいちご飴だかトマト飴だかが流行しているという話をしていたのですが、ずっと「(食材を)ぶっ刺して…」って言ってたの誰?見えないけど絶対タケちゃんやろwと思ってたらまさかのかわむーでした。かわむーはTHEアイドル、女子の中の女子、あざかわ路線って感じだと思い込んでいたので、かわむーの口からそんな単語が出ているとは思いもしなんだ。そのあとのヤッタルチャンもかわむー可愛かったです。彼女にはスマイレージ曲がよく似合うわ。

 

恋ならとっくに始まってる、を久し振りに聞きました。一番アンジュルムに興味を持っていた時代であり、推してためいめいがいなくなる時の曲。かななんに冒頭パートは引き継がれていましたが次のライブでは誰になるのかな?年功序列なら室田瑞希ちゃんかりかこかな?でももしかしたらふなっきなのかな…?はぁ

 

f:id:music37life:20191028231149p:image

 

ドンデンガエシも大器晩成も46億年LOVEも教科書通りに盛り上がれるので、こういう手持ちがあるアンジュルムはライブハウスで強いですねぇ。ドンデンガエシなんて想像以上にうりゃおいうりゃおいしてたので、ここはももクロちゃんのライブ会場だったかな?と思ってしまいました。違った。

 

握手会はただただ緊張でした。並び順はたぶん加入順で、りかことかみこはわたしと握手しながらナントカカントカと言い合っていましたが目が合ってしまったら輝きに吸い込まれて死んでしまう可能性もあったのでむしろ良かった説。新メンバーの橋迫鈴ちゃんはマジでチャイルドでした。育てたい。

 

 

まさかこの数日後にふなっきが卒業を発表するなんて思いもしなかったのである。

「かななんと会えるの最後だから目に焼き付けなきゃね〜キャッキャ」なんて同行者の後輩ちゃんと楽しく喋っていたあの時間は一体なんだったのか。もっとふなっきも目に焼き付けておくべきだった。でも剥がされたんだもん…

 

推しは推したい瞬間に推すべきなのだとここ数年で何度も思う。アイドル界とは刹那的な世界なのだなぁ。

 

なんだかんだ言ってますが、“現在の”アンジュルムもやっぱり素敵でした。

11月20日発売の新曲MVも素敵でした。調とリズムが似通っているのでこの曲とマナーモードの区別がしばらく着きそうにありませんがそれはさておいて。前半だけが先行公開されましたが新メンバーの鈴ちゃんとはちれらちゃんのカットが多くて、なんだか次世代への移り変わりを感じました。

船木結ちゃんいかないで。。

 

気力体力知力と勇気を揃えても運に恵まれない地方住みオタクの苦悩

Travis Japanの初主演舞台「虎者-NINJAPAN-」に落選しました。

 

華麗なパフォーマンスですね…舞台観てみたかったよ。まぁ倍率高かっただろうしいいんだ。いいんだけどさ。舞台で松松が華々しく活躍しますように。

なんかね、地方でオタクしてると、抽選に申し込むまでの気力体力知力と勇気がもうすごいんですよ。

とにかく行ってやるんだという気力!

持病の腰痛は見ないフリをして東京日帰りをも視野に入れる体力!

あらゆる航空会社の飛行機の空席と宿泊先を隅から隅までチェックする知力!

仕事を休む勇気!

精神的コスパが悪い。

 

まず飛行機の空席あるか確認するじゃん。でも落選するかもしれないからまだ予約は出来ないよ。空席わずかだとドキドキするね。成田か羽田か問題もあるね。これ重要よ。日帰りするなら成田だと詰むときあるよ。

次に宿泊先を確認するじゃん。最近は関東のジャニオタ友達にお泊りさせてもらえないか交渉してるんですけど、交渉だけして毎回外れて申し訳ない。申し訳なくてだんだん交渉するのにも勇気が必要になってくる説もあるよ。いつもごめんね。どうでもいいけどキャビンなんちゃらっていう飛行機みたいなカプセルホテルに泊まってみたかった。あそこ、当選決まった時には既に予約がいっぱいなの。カプセルホテル泊まるために東京行くのもおかしいし機会に恵まれないまま現在に至る。。

そしてお仕事の状況を確認するじゃん。土日で弾丸してもいいけどどうせ倍率がすごいんでしょうから平日行けないか模索してさ。最悪平日日帰りもやむなしだよ。だって!Travis Japanが!観たいから!!そんなことを考えながらいろいろ日程を組み予算を絞り出してさ。

最後に「ほんとに?ほんとに行ける?当たっても大丈夫?ていうか行くよ、行くんだ」って心の中で決意して申込ページを開くわけですよ。

この労力に対する落選メール届いたときの呆気なさがすごい。

f:id:music37life:20190930193708j:image

めちゃくちゃ熟考しながら作ったこのメモも今となっては紙くずです。

 

ありがたく札幌で公演が開催される時の「わかんないけど絶対行くからどれでもいいで申し込んどけ」みたいなあの勢いをさ、関東のオタクの皆さんは毎回発揮できるんだなぁと思うと本当に羨ましいです…

 

かと言って関東に住む気は全くない☆笑

ただの愚痴でした。

 

Hey!Say!JUMPのファンクラブを更新しないことにしました。ここ最近は熱をもってオタクでいることに疲れてしまっていました。東京ドーム公演申し込むだけ申し込もうかなってギリギリまで思ってたんだけど最後の日忙しくて普通に17時過ぎてたw 17時過ぎてたことに気付いたときに更新やめようって思いました。

10周年イヤー楽しかったなぁ。札幌でライブやってほしかったなぁという気持ちは、ある。

しかしHey!Say!JUMPが魅せてくれるステージや、ご飯をただ食べまくる伊野尾さんが大好きなことには変わりありません。あと有岡大ちゃんが好きです。できる範囲で在宅オタクとして応援したいなと思います。

とりあえず近日中におそらちゃんとSENCE or LOVEのブルーレイ鑑賞会をする!そして自担のイベントが予告されたから頑張り過ぎないように頑張る!

#スキルが判定だなんて

#そんなの関係ねぇ

#推しがまた火炎に包まれているけど

#そんなの関係ねぇ

#来栖翔に役者以外の撮影のお仕事もください

 

あ、キャビンなんちゃらの正式名称はファーストキャビンでした。

ファーストキャビン公式サイト

ニセコにも建ったんですね(2018年秋開業)!道内なら行けそうな気もするけど、ニセコで泊まるなら客室のあるホテルに行きたい気もするという微妙な気持ちである。