兼任オタクは忙しい。

ハロオタでジャニオタのプリンセス(北の愚民)の日記。

有安杏果ちゃんがももいろクローバーZを卒業しましたが

書けば書くほど、有安の卒業という事象が自分の中でうまいこと消化できてないことに気付かされてしまう、まとまりのない文章です…

 

2018年1月15日にももいろクローバーZを卒業することを発表した有安杏果ちゃん。我々オタクに残された猶予はたったの一週間。絶対エースという立場でありながら卒業スペシャルライブも開催されることなく卒業発表から3か月でモーニング娘。'15を卒業していった鞘師里保ちゃんを超える驚異の短さ。その最後の日が今日、2018年1月21日でした。わたしの、ももクロちゃん最推しはこの有安杏果ちゃんでした。最推しだったアイドルの卒業はモーニング娘。'14の道重さゆみ様以来のことです。ここ最近はハロプロジャニーズ事務所にどっぷりですが、推した女の卒業は見守らなければなるまいと思ったので、abemaTVってやつをダウンロードして「ももクロ 2018 OPENING〜新しい青空へ〜」を視聴いたしました。 

f:id:music37life:20180121191552p:image

表情が清々しすぎて何も言えねぇ。

 

中学生までSPEED、Folder、W-inds.と歌って踊る人たちを追いかけていたわたしは、高校大学は有安が望んでいるようなおそらく普通の女の子の生活をしていました。そんなわたしをドルオタの世界に引き戻したのがももクロちゃん下野紘さんが主役の声優だったから、という理由でうっかり視聴したアニメの主題歌がももクロちゃんで、たぶんまともに彼女らを観たのはまだ早見あかりちゃんも居た頃に出演していたしゃべくり007だったような気がします。怪盗少女を歌っていて、有安が画面の端っこで、近づいてくるしゃべくりメンバーをなぎ倒してたのが印象的でした。

 


【みんなも踊っ】ももクロ本人が「Chai Maxx」踊ってみた。【Chaiなよ】(MOMOIRO CLOVER)

 

モーニング娘。の公式YouTubeチャンネルが用意したあらゆるバージョンの「ワクテカTake a chance」で本格的にドルオタ復帰したわたしですが、先駆けはももクロちゃんの「Chai Max 踊ってみた」でした。え、これガールズアイドルなの?全力すぎやせんかい?動きが揃ってるわけでもない、事務所によるこなれた動画編集がされてるわけでもない、ただただ髪の毛振り乱しながらオイオイする6人の女の子たちの映像に心が惹かれ…

 

たのも束の間、早見あかりちゃんが脱退を発表しましてももクロちゃんはZになりました。彼女らの歩んできた歴史なんて当時は大して知りませんでしたが、あかりん夏菜の抱擁にやたら感動したのは覚えてます。

 

Zになったももクロちゃんの初めてのシングル「Z伝説〜終わりなき革命」で「チビだからってナメんな 歌もダンスも誰にも負けないぜ」と極楽門からお空に向かって宣言する有安のことを、本当に誰にも負けてない子だなと思って、目が離せなくなって 有安推し になりました。

 

f:id:music37life:20180121134944j:image

 ももクリ2011でド頭から号泣してた有安。会場が同じで雰囲気慣れしてるはずなのに、ももクリ2012でもやっぱりド頭から肩が震えるくらい号泣してた有安。でも曲が始まると自信に満ち溢れた表情になって、誰よりも腕を伸ばしてでっかく踊ろうとする有安が大好きでした。アイドルとしての総合値では他のメンバーに劣るところがあるものの、パフォーマンスにおいては彼女が要だと思っていました。間違いなく。わたしの推しは有安杏果でした。

 

そんな泣き虫な彼女が、今日のラストライブではほとんど涙を見せなかった。

 

f:id:music37life:20180121135003j:image

しょうじきなところ

有安はいつかここからいなくなるのではないかとなんとなく思ってました。2017年、ソロ活動もやり始めたのはアーティスト路線に移行したいからなのかな?って。

違ったんかーい。やめるって決めてて思い出作りでソロをやってたのか、ソロをやらせてもらえたことで燃え尽きたのか、ソロ活動とは全然関係のないところで卒業を決めたのか、なんなのか今となってはわかりません。1番目だったらちょっと悲しいけどね。そんなことはないと信じたいですねー。

ネット上では、もともと浮いてたとかやめたかったんだろとか心ないコメントも見かけたし、また姑息なことにニュース記事に使われる写真もちょっと悪意あるというか4人が肩までくっつけてるのに有安だけちょっと離れ気味とかそういうのが多くて、やめてあげてよと思いながら読みました。読むんかーい。そりゃ気になるから読みますよ。

確かに、有安杏果と検索すれば関連ワードに「ぼっち」が出てくるくらい彼女は常に孤高の存在に見えました。舞台裏映像では他の4人がわちゃわちゃしてカメラアピールしてる後ろで有安は机に向かって書き物してるイメージ。そんな有安と、夏菜子しおりんあーりんの3人を、最年長のれにちゃんが繋げてあげてるように見えた時期がありました。

この子の居場所はアイドル畑ではないんじゃないか?って思ったこともある。あるよ。でもうーん…有安は普通に【普通の女の子】だったと思うんだけどなぁ。あまりにもアイドルすぎるあーりんや天性の人たらし(褒めてる)の夏菜子しおりん、バラエティ順応力に長けすぎのれにちゃんというサービス精神旺盛でアイドル偏差値の高い4人に囲まれてて、自分でも心のギャップが大きくなっちゃったのかなって勝手に想像してまう系オタク。 

f:id:music37life:20180121135032j:image

  

たぶん有安を推してる人たちって別にそれでも良かったんだと思うけども。それが有安だから、いまさら有安にみんなでワチャワチャしてほしいとか願ってもないし、笑わせに行ってるわけじゃないのに天然でちょっとやばい料理作っちゃうとことか、鳥が苦手でただただデカイリアクションで逃げ回ってるとことか、そんな普通の有安だけ見せてくれたら、あとは誰にも負けない歌とダンスを見せてくれたらそれだけで良かったんです。

 でも疲れちゃったんだろうね。卒業が発表されてからの一週間、どんだけ事前に緻密なスケジュール組まれたんだよってちょっとイラっとするほどあらゆる媒体に出演していたももクロちゃん。途中から、これは本人のブログや公式で発表されたコメントが本人の声で再生されてるだけのことでは?いま何時だっけ?みたいな感覚に襲われたけど、どこかで「疲れた」って本人の口からスルっと出てた気がする。本音だと思う。年齢と同じ分だけ芸歴を積み重ねてきた彼女の心労なんてパンピーには計り知れない。お疲れ様って言ってあげることしか我々オタクにはできない。

 

今日のライブ、パフォーマンスはすごく良かったです。有安は歌の要だってやっぱり思えました。「白い風」や「灰とダイヤモンド」で迷いなく高音を歌いあげる有安を見たら涙が出ました。有安のいない、4人になったももクロちゃんが迎える10周年記念の東京ドーム…どんなライブになるのか全く想像がつきません。

 

メンバーから有安に向けたコメントも、思ってたより良かったです。怒号が飛び交ったりとか、全員真顔だったらどうしようとかちょっと心配してたので、安心しました。

f:id:music37life:20180121192204p:image

特にれにちゃんの涙は本心だと思った。バカやろうって思った、気が変わらないかなと思った、って言うれにちゃんの気持ちが一番正直に刺さりました。あと、あーりんが涙を見せたのはちょっと意外でした。有安が卒業の意思をメンバーに伝えたときに流れた沈黙を一番に打ち破ったのはあーりんだったとのこと。最年少が一番現実を受け止めているように見えました。夏菜口内炎の薬の話はちょっと笑いました。でも「1人で苦しんで決めたことだから」っていうのはちょっと寂しくもあった。しおりんの話はまとまりがないと思わせつつちゃんと構成のある、頭のいい人のスピーチだと感じました。

 

でも有安のコメントがわたしの中でまだよく飲み込めていません。推しの言葉が理解できないなんて、オタク失格だ。

「10周年を迎えられると思ってた」

「こうするしかなかった」

「わたしは奇跡の5人じゃない」

「わたし以外の4人とモノノフで奇跡の5人」

え?えええ?

彼女は普通の女の子の生活を送りたくて卒業を自分で決めたのではないのでしょうか?

f:id:music37life:20180121191939j:image

2012年の冬に有安が言っていた「レベルアップはしなきゃいけないけど、根本はももクロのままでいたい」って言葉。わたしは、10周年という大事な節目を、ももクロももクロであるために有安はももクロを卒業するのだ、と思いたいです。

はたまた有安の意思なんてあまり関係なくて、大人の事情が働いているのか、それとも、実は有安の(週間文春的な意味合いでの)自己都合なのか、最後の最後でちょっとわからなくなってしまったけれど、彼女はもう普通の女の子になったのでわたしはアイドル有安杏果のことを信じてあげるしかない。ないけども何でしょう…いささか複雑な気持ちの残るスピーチでした。この発言のあとの夏菜子とあーりんの表情が一瞬怖かったです。

 

ameblo.jp

 

このブログを読んだときも「えw本番前で更新ラストなのw」って。「ああ本当に彼女はやり切ってこのあと残すものなんて何もないんだな」って納得してたので、ちょっと自信が揺らいでしまいました。このリンクもあっという間の3月にはリンク切れになってしまうんですよ。寂しい。

 

1週間前は「我儘を聞いてもらった」と表現し、今日は「こうするしかなかった」と表現した有安の真意が、いつかわかる日が来るのでしょうか。

 

f:id:music37life:20180121194513p:image

このアー写いつのか忘れたけど美しいね。

 

とりあえず、ライブのタイトル「新しい青空へ」の新しい青空が、ちゃんと有安に向けたメッセージでもあって安心しました。ももクロちゃんの運営は常に後ろを振り向かないスタイルなので、ライブタイトルについても「2018年のOPENINGと見せかけて新生ももクロちゃんのOPENINGなだけでは」「新しい青空を見るのは4人だけなのでは」と不安も感じていました。そんなこと感じてる時点でわたしももクロちゃんのこと全然信じてあげられてないなって自分で悲しい気持ちになりましたなう。

 

生まれて初めて「この子たちを追いかけたい!」という気持ちになってアイドルのファンクラブに加入したものの、ファンクラブに入ってもチケットが取れないという現実にまだ若かったわたしは心が折れました(今はチケット落ちても「徳の積み方が足りなかったんだ」と自省できる立派なドルオタになりました)。

どんどん箱が大きくなり、全然 “いま会えるアイドル” ちゃうやんと思ったあたりでももクロちゃんの全部を追っかける行為からは降りてしまったので、ももクロちゃんのライブを見るのはすごく久しぶりだったのですが、やっぱり楽しかったです。わたしがモノノフ最盛期だった2011〜2013の曲もちょっと歌い方がオトナになってたりして、10周年という節目を前に彼女たちの変化・進化に気が付きました。

こうして最推しだった有安がわけわかんない間に卒業して、あのとき以上にももクロちゃんを熱量をもって応援できる日はたぶんもう来ないと思います。でもそれは4人になったからっていうことではないので、むしろ4人になったももクロちゃんが過去曲でどんなパフォーマンスをするのか観たいってそれは思ってます。ええ、数年の時を経てわたしがドルオタDDになってしまっただけです。でもわたし、アイドル論においてはセンター至上主義なので、偶数のももクロちゃんにいる夏菜子をどんな顔して見たらいいのか悩んじゃいそう。どうやったってももクロちゃん夏菜子が絶対エースのセンターだからなぁ。

 

f:id:music37life:20180121194214p:image

5人のももクロちゃん、大好きでした。今までありがとう。

4人になったももクロちゃん、がんばれ。

 

そして、推しがいついなくなるかわからないこのご時勢、推しに会える機会と時間は大切にしなければならないと改めて思いました。2月のハロコン札幌のチケット探してきます。

 

石田亜佑美ちゃん21歳おめでとう!

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。さっそくですが、本日2018年1月7日は、モーニング娘。'18石田亜佑美ちゃんの21歳のお誕生日です。おめでとうございまーす!!

ameblo.jp

 

20歳の一年は濃いものだったと振り返っていたあゆみん

f:id:music37life:20180107185444j:image

マルコメさんのみそ汁コラボに始まり、セカパカ交流戦とかもあり、ひふみんコラボで終わる…という比較的メディアに出てきてくれた一年だったような気がします。

 

 

グループ内で争うんじゃなくて、

もっと世界を広く見なきゃって思わされたのは
音楽番組でのコラボレーションでした


やっぱり、注目浴びたいんだ♡♡♡

 

だから"そんな魅せ方もあるのか"とか、
まだまだ学ばなきゃいけませんし、
広い視野を持つって大事なことですね

 

そんな考えになれたのも、
学んだことの1つだと思ってます

 

 濃!!!石田亜佑美|モーニング娘。‘18 天気組オフィシャルブログ Powered by Ameba

 

これ読んだときはすごい嬉しかった(^^)あのSexy Zoneさんとの最強アイドルすぎるコラボと、生けるLOVEマシーンSexy Zone中島健人さんに勝ちに行くあゆみんの雄姿は一生忘れられない。

idol-kenota.hatenablog.jp

 

 20歳のあゆみんもキラキラ輝いてくれました。ジェラジェラのラップパート以外には印象の強いソロパートはもらえてなかった気がしてて悔しい気持ちは勿論あるんだけども、間奏センターに立ち続けるということも非常に大変なことだと思うので、そんな凛々しい姿を毎度見せてくれるあゆみんのことが大好きです。

f:id:music37life:20180107185900j:image

わたしは特にBNMの間奏で、横山れいなちゃんと加賀楓ちゃんが踊り狂ったあとにさらに踊り狂ってる石田亜佑美さんのお姿が大好きでした。13期踊れてるなぁすごいなぁって思った矢先ですよ…リズミカルにひじをひざに付けながらフォーメーション動いていくお姿が異次元のキレでしたからねマジで。さすがダンスクイーン石田様です。ジェラジェラはテレビで沢山歌ってくれたから前奏・後奏センターに立つあゆみんが何回も見られて嬉しかった!!

 

さて、同期の工藤遥ちゃんが卒業して、迎える石田亜佑美21歳。(横顔が)宮城の奇跡。

f:id:music37life:20180107190202p:image

20歳を過ぎてオトナっぽい綺麗な表情を見せてくれるようになったあゆみんあゆみんのオトナな表現をもっと見たい!!という気持ちはもちろんだし、なぜか笑えるだーいし感は今後も捨てないでほしい笑。サブリーダーで最年長のはるなん、リーダーのフクちゃんに続くモーニング娘。'18の3番目のお姉さんであるあゆみん…役職持ちの2人には出来ない役割を担っていくことになるのかな。これからもキラキラの笑顔でキレキレのダンスを見せてほしい!21歳のあゆみんも沢山応援したいと思います。 

 

ちなみに本日はHE★VENSの帝ナギくんのお誕生日でもあります。宇宙一かわいいよ!

 

 

とあるドルオタDDのハロプロ楽曲大賞2017

ハロプロ楽曲大賞2017の投票期間が終わってしまっていたことに、ジャニーズ楽曲大賞2017のお知らせを読んで気付きました…昨年この存在を知って、次こそわたしも参加すると意気込んでいたのに…!オワタ

 

というわけで、しがないアイドルオタクのわたしの個人的ハロプロ楽曲大賞2017をこちらでひっそり発表させていただきたいと思います。ここまで読んでくださってる人はついでなので最後まで読んで!見て!聴いて!ください!!

 

楽曲部門

1位「Fiesta! Fiesta!」Juice=Juice

f:id:music37life:20171231103006j:image

新生Juice=Juiceの幕開けにふさわしい一曲でした。地団駄ダンスがCDショップにあってこれはCDショップにないなんてどうかしている。イントロからド頭のサビまでで既にクライマックスだというのにるるちゃんの力強い「情熱を解き放とう」が刺さりすぎます。2回目のサビのさゆきが情熱を解き放つところも自信に満ち溢れてるオンナすぎて大好きです。Aメロ前や、Aメロ1番はあーりー、2番はかりんちゃんが持ってるソロパートの部分などなどのリズムの空間・生み出される静寂がナイスなアクセント。歌割もほぼほぼ均等で、新メンバーをはじめ全員の歌声が個性的でかつ隙がないことがよくわかりました。あと「女はいつでもワナノマリラ」というなんだかよくわからない間にいつのまにか洗脳されて口ずさんじゃうこのフレーズを書いた作詞家の井筒日美さんはすごい。ご本家では第3位でした。

 

2位「初恋サンライズつばきファクトリー

デビュー曲にいい曲もらえて良かったなぁとしみじみ思います。最初から最後まで緊張感の途切れない曲調がかっこいいなぁと思ってました。調べたらアンジュルムの「七転び八起き」と同じ作曲者さんということでなんだか納得。そしてわたしの心を奪った三者三様なセリフパートを書いたのもやはり作詞家の井筒日美さんということでわたし井筒信者なのでは。むしろ既になってるのでは。セリフパートがあると「あ〜始まった」って感じちゃう曲も実はあるんですけど、これは早くリサちゃんききちゃんのセリフが聴きたくて曲中そわそわしてしまいます。こんな気持ち、初めて…。ご本家では第2位でした。

 

 

3位「ジェラシージェラシー」モーニング娘。'17

ご本家第1位だったのがこちらでした。イマ風なオシャレな感じと、つんく♂さんっぽい要素がどっちも詰まってる曲。サビで12期2人をどんと前に置いちゃう構成と、突如始まるラップパート、そして無限に口ずさめる「ジェラジェラジェラっちゃう」の破壊力…。「わたしを讃えて!!」ってアイドルが歌っちゃうこの感じも好きです。

 

4位「如雨露」Juice=Juice

ライブで聴いて早く音源化してくれまだかまだかと思ってたので嬉しかったです。Juice=Juiceって攻め曲が多いイメージがあるんですが、「如雨露」はただの良曲です。本当に。ひなフェスとかでハロメンみんなに歌ってもらいたい曲。カントリーとか可愛く可愛く歌ってくれると思うなぁ。ご本家では17位。

 

5位「魔女っ子メグちゃんアンジュルム

初めて原曲も聴きましたが、原曲のちょっと憂いのある感じからドタバタ元気なアンジュルムの茶目っ気たっぷりな感じへ大変身していて、編曲者さんの大勝利と思います。宮永治郎さん、Kis-My-Ft2の「FIRE BEAT」を編曲された方だそうです…すごいなぁ振り幅がすごい、編曲者ってすごい。ご本家では23位。

 

MV部門

1位「モーニングみそ汁(キャンプファイヤーver.)」モーニング娘。'17


モーニング娘。’17『モーニングみそ汁』(キャンプファイヤー Ver.) (Morning Musume。'17[Morning Miso Soup Campfire Ver.])(MV)

ダントツ。ご本家でも納得の第1位。うなづくしかない。ヘルニア休業中のまーちゃんと、加入したての13期と、残りのメンバーがみんなニコニコ笑っていてくれる世界。尊みしかない。ガーランドや電飾の飾り付けも可愛いしふわふわもこもこの衣装も可愛いし外ロケだしライティングも綺麗でインスタ映え100点満点。本当にキャンプファイヤーを囲んでキャッキャウフフしてるだけの映像です。Dance shot ver. 以外でこんな幸せな気持ちになれる映像ってこの世にあったんだなと思いました。メンバーが楽しそうに「せーの!みぎひだり!」「ふたーりでー♪チョキチョキチョキ!」とか言ってるの可愛すぎだわ。

 

2位「笑って」つばきファクトリー


つばきファクトリー『笑って』(Camellia Factory[Smile])(Promotion Edit)

同時期に公開された「就活センセーション」の衝撃との対比もあって、こちらはオッシャレなMVだなぁという印象が強かった曲。無機質なんだけどカワイイ、クールだけどポップでperfumeさんみたいな世界観だなぁと思いました。全編通してききちゃんがめちゃくちゃ可愛い。花柄のワンピースと揺れるイヤリング、そしてブライトオレンジのサンダルの織りなす彩りがとっても素敵です。オシャレなんだけどハロプロ御用達の蛍光管プレイもあるのがまた小粋。ご本家では第3位。

 

3位「若いんだし!」モーニング娘。'17


モーニング娘。'17『若いんだし!』(Morning Musume。'17[You’re Young Anyway!])(Promotion Edit)

工藤遥ちゃん卒業ソングなので、くどぅーが主役のMVです。女優デビュー作にしてもよいのでは…旅立ちへのワクワクとちょっぴりの寂しさをくどぅーが表現してくれてる気がしました。途中で、10期メンがくどぅーに駆け寄って抱き合うシーンがあるんですけど10期オタ全員大号泣でしょう間違いなく。わたしは初見で泣いたよ。お外の光はメンバーをみんなキラキラ可愛く見せてくれるし、くどぅーは勿論みんなビジュアルが良い!仕上がっている!ダメなところがひとつも見つからないMVでした。夕焼け空の下くどぅーを崇拝するあかねちんが一番に駆け寄っていくところや、くどぅーの公式相方であるまーちゃんが最後にさりげなくくどぅーをいいこいいこしてるところもヴッッなポイントです。ご本家ではこちらが第2位でした。

 

推しメン部門

わたしの推しメンたちの順位は…

モーニング娘。'17 石田亜佑美ちゃんが第7位!

Juice=Juice 高木紗友希ちゃんとこぶしファクトリー  広瀬彩海ちゃんはベスト20には入っていませんでした…(´ω`)

客観的に見て絶対第1位だと思ってたモーニング娘。'17 佐藤優樹ちゃんがぶっちぎりの第1位。でしょうね!(笑)だって今年のまーちゃんは本当にかっこよかったもの。無邪気なだけじゃないオンナっぽさセクシーさや、唯一無二のマイクパフォーマンス、次はどんな表情キメてくれるの…!?ってドキドキさせてくるんだなまーちゃんは。まー様だよもう。

あとは、モーニング娘。'17 加賀楓ちゃんの第6位もびっくり!石田負けるとは。昨年から大幅順位ジャンプアップだそうです。加賀さんがキテる。

 

以上!個人的ハロプロ楽曲大賞2017でした!

2017年は中野カウコンから始まり、Juice=Juiceと娘。'17の現場や、生まれて初めてのハロコン参戦も出来て嬉しいこと楽しいこといっぱいありました(*´∀`*)来年もオタ充したいので頑張って働きます。皆様よいお年を〜!

 

 

イノ調聖地巡礼レポート@サニーヒルズ南青山店

世間はクリスマスイヴだそうですがこちとら通常運転ですこんばんわ!(やけくそ)

先日、関東に遊びに行った話をハロオタ視点でお届けしましたが、本日はジャニオタ視点でお届けしたいと思います。

※この記事はめいめい観劇ブログの次の日にUPする予定でしたが例のベスアショックによって流れ、流れてる間に荷物が届いたので加筆したりして今に至ります。

 

事の発端は11月9日のイノ調でした。

f:id:music37life:20171224093413j:image

 

街の中のちょっとヘンな建物を調査するという企画。その中で紹介されていたのがこちらのパイナップルケーキのお店でした。

 

f:id:music37life:20171224093554j:image

f:id:music37life:20171224095347j:image

この放送日がなんとわたしの東京ひとり旅出発日の前日だったわけです。金曜の正午に羽田に着いてから20時まで自由時間を設けていたので(ひとり旅で自由時間ってなんだ)これはもしかして、北海道民でありながら首都TOKYOでスーパータイムリーな聖地巡礼ができるのでは…!!?? 

 

と思い立ったらキャリーケース転がしてでも行くオタクです。

f:id:music37life:20171224094004j:image

 

そんな異邦人のわたしにも優しく接してくれた店員のお姉さんすてきでした。エレベーターとか案内してくれて、荷物のことも気遣ってくれて…優しさに包まれました。

 

基本的には販売のお店なんですが、体験販売の形をとっていて二階で台湾茶とパイナップルケーキを提供していただきました。イノ調を見たときはカフェなのかな?このお茶とケーキのセットいくらなのかな?って思ったけど実際は精算することもなく、これ食い逃げ(言い方)していく人もいるのでは?採算だいじょうぶかな?と 心配になってしまう銭にがめついオタク。

 

f:id:music37life:20171224094424j:image

だってほらこんなに素敵な空間なんですよ?カフェじゃん。ほぼカフェじゃん。この一番奥の角張ったところにわたし座らせていただきました。隣は外国の方々で、「オイシイ!!」って店員さんに笑顔でgoodジェスチャーしてて微笑ましかったです。

 

f:id:music37life:20171120124012j:image

#おでかけいのお #さゆきもいたけど #イノ調だから

パイナップルケーキは台湾へ旅行に行った人のお土産でいただくこともありましたが、サニーヒルズさんのパイナップルケーキは今まで食べたのとは全然違う!まず重さが違う。ずっしりしすぎてる。そして外側のクッキーみたいな部分に厚みがあって、しっとり濃厚なのに脂っこくない。極め付けのパイナップルジャムはすっごく繊維感ありました。果肉食べてるみたいな感じ。

 

f:id:music37life:20171224095003j:image

伊野尾さんが超絶興奮なさっていた天井の地獄組みもしっかり見てきました。わけわかんない。しゅごい。

f:id:music37life:20171224095055j:image

 

建築の話をしている伊野尾さんは活き活きしてて、あなた本当にあの伊野尾さんですか?って思うくらいで、そんな伊野尾さんが好きなんですよ。そんな彼の足跡を今回、放送翌日というタイミングで辿れたことが幸せでした。幸せすぎて自分宛に冬ギフトの宅配注文をしてしまいまったくらい。今の期間は送料無料って言われたからつい…(送料に敏感な北海道民)。先日ぶじにおうちに届きました!

f:id:music37life:20171224095642j:image 

パイナップルケーキと台湾茶のセット3,500円でございます。上にあるのはお店の布製ショップバッグです。かわゆす。

f:id:music37life:20171224095743j:image

こんな感じで箱が2つに分かれてて、かたっぽに台湾茶、もうかたっぽにパイナップルケーキが入っています。アイディア梱包。お茶の淹れ方リーフレットも入ってて優しさに包まれます。台湾茶が大好きと仰っていた上司の誕生日が今週なのでおすそわけプレゼントする予定です(^^)またお取り寄せしたいなぁと思うくらい美味しい&ギフト向きだと思いました。めっちゃ周りの人にオススメしよう。

 

余談

お手洗いの造形が芸術的すぎました

水を受けるとこがないんです

近未来的じゃない?こんなお手洗いに住みたい。

f:id:music37life:20171224095330j:image

ベストアーティスト2017をやっと観た

2017年11月28日

予想してなかったネガティヴドッキリの被害に遭い(実際に被害に遭ったのはわたしではなく山田なのですが)やさぐれてしまったあの日

 

わたしのJUMP熱がしばしクールダウンしている間にHey!Say!JUMPさんは12月20日に新曲「White Love」をリリースされまして、今のところ2日連続でオリコンデイリー1位を着々と進んで頑張っているようです。

 

Hey!Say!JUMPさんが頑張っているのにわたしが頑張らないわけにはいかないので、この約3週間の間さまざまなリハビリに取り組んでおりまして(らじらーを毎週聞く、DEARコンを見返す、木曜のめざましテレビをリアタイする、ペットショップラブモーションと口説きますをエンドレスリピートする、などなどなど…)やっとさきほどベストアーティスト2017の録画をちゃんと観ました。

 

新曲初披露だったんですって。リアタイ時は全然気が気でなかったからね。改めて聞いたらめっちゃいい曲だったし思ってたより踊ってますよね。切ない系聴かせるミディアムバラードだと思ってたから初回限定版予約してないんだなーこれが!MVフルで観たい…

 

f:id:music37life:20171222005547j:image

まずこの開始のポーズ見た瞬間「WiLやないかーい!!」ってなりました。WiLというのはモーニング娘。'14の「What is LOVE?」という曲のことでして、この曲のサビ終わりで腕を使ってハートのフォーメーションを作るんですよ。印象的ですよね。ただ1つ物申したいとすれば伊野尾さんの左腕がもう少し肩からしっかり上がっていれば完璧だったという点。サボったな伊野尾さん…真逆で同じ役割をこなしてる光くんを見て勉強してください!笑

 

なおモーニング娘。'14は短い間隔で2回ハートを描いていくような小難しいスタイルです。

f:id:music37life:20171222010133j:image

娘。のMVのリンクいちばん下に貼っておくので皆さんぜひ観てください!

 

f:id:music37life:20171222010424j:image

大ちゃん知念ちゃんの伏し目が美しいと同時にこちらを真っ直ぐ見据える中島裕翔さんが真っ直ぐすぎる件。

 

f:id:music37life:20171222010528j:image

一番奥にいても気付いてしまう伊野尾さんの指先の美しさ…しかしこの後ターンに入る姿勢にいち早く動いてしまうのも伊野尾さん。今年もそんな伊野尾さんから目が離せない一年でした。

 

f:id:music37life:20171222010643j:image

ゆーてぃのここのソロパートは、FNSとか他の歌番組でもすごく目につきました。裏のリズムにパキっと振りを合わせていて素敵だなと思うのです。そりゃ心に花も咲くわ。

 

Aメロからサビまで、ふんわりとしたメロディーラインだけどその言葉のアクセントに合わせて結構こまかく振りが付いていて、サビとか大変そうだなぁと思います。。足をガニ股っぽく開く振り付けとかゆーてぃが機敏すぎてゆーてぃしか目に入らない、というかそのゆーてぃの前に伊野尾さんが居るんだけどゆーてぃしか目に入らない。

 

あとサビ後半でステップを踏みながら一直線フォーメーションになっていくところにも妙にハロプロ魂を感じてしまうハロオタ。I/Oの時から感じてたけどHey!Say!JUMPさん直線フォーメーションちょっぴり苦手なのかな?東の空バラバラ事案とかもあったし…。直線はすぐバレるから難しいんですよね(´ω`)ハロメンもいつも苦悩しているからわかるよ(´ω`)

 

f:id:music37life:20171222010803j:image

ベストアーティスト2017の大部分は見返しましたが例のドッキリの部分はすっ飛ばして観ました。山田の辛そうな顔見たくないし、仕掛け人側なのに泣いちゃう圭人くん大ちゃんも見たくないし、ほんとにそんな場面になったら絶対ふざけたりしない光くんがおかしなこと言わなきゃいけないから言ってるのも見たくないんです。

最終的にゆーてぃ山田に駆け寄って犬みたいに抱きついてるのが絵になってたからまぁいっかと思いたい気持ちもあるんですけど、やっぱり出来れば見たくなかったなぁ。やるならメンバーもファンももっとハッピーな気持ちになれるドッキリにしてほしかったなぁ。

 

f:id:music37life:20171222011620j:image

ただ、どさくさに紛れて知念ちゃん伊野尾さんに抱きつきに行って2人で画面の端っこでぴょんこぴょんこしてたのはちょっとニッコリしました…いのちねという世界拓けてる。伊野尾さんのとこ行く前に山田の方を見ながらソワソワして、ゆーてぃがこっち来たから じゃあぼくいのちゃんとこ行こー! みたいな知念ちゃんかわいい。

 

というわけで、リハビリの甲斐あってHey!Say!JUMPが大好きだという気持ちが戻ってきつつあるのですが カウコンは落選しました!! 報告でした!!砂時計…欲しかった…。

 

あとベスア2017見返してて思ったけど

モーニング娘。'17 × Sexy Zone のLOVEマシーンやっぱりネ申ってる

idol-kenota.hatenablog.jp

 

こちらも久しぶりに見返しましたがちゃゆ女神…道重さゆみさん女神…あと絶対エース鞘師たまらぬ。


モーニング娘。'14 『What is LOVE?』 (MV)

 

 

LOVEマシーンで泣いた日(ベストアーティスト2017感想)

 

こんばんわ。

 

もういろんなことが起こりすぎてわたしの心の処理能力が追いついていません。

 

f:id:music37life:20171128233205j:image

 

さきほど日本テレビさんで放送されたベストアーティスト2017の企画モノのひとつがこちらでした。

 

 

ハロオタでジャニオタのわたし、予告で驚愕。歴史に残る日になること間違いなし。そう思いながら放送を観ていました。途中、正直それどころじゃねぇわと思うところもあったんですけどそれは置いといてですよ。

 

f:id:music37life:20171128233101j:image

 

振り付けメドレー後半のド頭1曲目…どれがSexy Zoneかサッパリわからない完璧な決めポーズから始まり、飯窪はるなんのパートが中島健人さんに泥棒されるのをびっくりした表情で受け入れる小田さくらちゃんや娘。メンバー、石田あゆみんのキラッキラ笑顔の「ディスコ☆」、それを指差してみんなの視線を惹きつけてくれる中島健人さん…キラキラの大爆発、ハッピーとハッピーの共演、世界平和がそこにありました。 

f:id:music37life:20171128233258j:image

 

 

想像以上にSexy Zoneの皆さんが合わせに来てくれててわたし本当に嬉しかったです。つんく♂さんが作曲したモーニング娘。1番のヒット曲、ディスコでハッピーな空気感をSexy Zoneの皆さんはすごく尊重してくれたように見えたし、本人たちも楽しんでるのが伝わって来ました。佐藤勝利くんの笑顔の愛らしさ、中島健人さんの「ん?これこの人の持ち歌かな?」くらいのハマり感、菊池風磨さんのヤケクソ感、20歳になりたて松島聡くんのやっぱり全力なダンス、英国紳士のようなスタイルなのにおちゃめに飛び上がってフゥフゥするマリウス葉くん…もう化学反応がすごすぎてわたし途中から涙が止まりませんでした。LOVEマシーンで泣く日が来るとは思いませんでした。

 

ハロプロの曲ってリズムがすごく大事にされてて、ハロメンのボイトレ動画とか見ると8や16のリズムを身体で刻んで練習している場面がよく見られるんですけど、今回はフェイクおばけの菊池風磨さんもいらっしゃったのでSexy Zoneのパートはまるで別の曲のように聞こえたりして面白かった!あんなねちっこいDYNAMITE初めて聞いたわ!笑

 

あとカメラアピールがこなれすぎてる中島健人さんすごかった

f:id:music37life:20171128234607j:image

 

あとハロメンよりもターンするとき顔を残しに行く中島健人さんすごかった

f:id:music37life:20171128234414j:image

 

歌割りがなくてなかなか目立てないメンバーもいましたが、中島健人さんの後ろで13期メンバーの横山れいなちゃんがしばし映ったときの笑顔が最高にはじけてて100点満点でした!ひゃくてん!!!

 f:id:music37life:20171128235054j:image

 

最初のフゥフゥで俺たち今日はやってやりますからねって勝負を挑んで来たSexy Zoneさんに対し、次のフゥフゥでは負けじとカメラに向かって身体をシェイクさせるまりあちゃん&あゆみんふくちゃん…大好き…

f:id:music37life:20171128235350j:image

 

12月に卒業を控えた工藤遥ちゃん…1番最後に美味しいセリフパートを持つ彼女の地上波ラストLOVEマシーンがSexy Zoneさんに持っていかれてしまうのではないかと懸念していましたが、しっかりセンターに立っててくれたのすごく幸せだったし、くどぅー1人がアップになるのではなくSexy Zoneも含めた全員でハートのフォーメーションを作ってそのセンターに立ってるのがくどぅーという尊すぎるシチュエーションでわたしの涙腺が死にました。

 

高みを目指すアイドル同士とはいえ、男女アイドルの共演となるといろんな外野からのアレとかアレとかあることもあるじゃないですか…。そういうありきたりなしがらみをぶち破って全力でパフォーマンスしてくれた2組のことが今までよりももっと大好きになったしもっともっと応援していきたいと思いました。

 

よりにもよってこの2人が隣同士で目を合わせて楽しそうに歌ってくれたとき眼福のあまり死ぬかと思いました。そういえばメンバーカラーが青のひと同士だね!

 

もう30回くらいLOVEマシーンだけ再生してます。Hey!Say!JUMPさんの新曲披露前のアレで本当にテンション下がったんですけど、このコラボのおかげで明るい気持ちを取り戻すことができました。ありがとうございました。娘。'17メンバーみんなが今日のことをブログ更新してくれるのが楽しみです♡♡

 

明日もうれしいこと楽しいこといっぱいあるといいね🐰

元アンジュルム田村芽実ちゃん出演の舞台「京の螢火」を観劇してきました

昨日、黒木瞳さんが座長を務め、元アンジュルム田村芽実ちゃんが出演していた舞台「京の螢火」が千穐楽を迎えました。黒木さん、めいめい、お疲れ様でした(^^)

 

テレビで久しぶりに見た、映画「アナと雪の女王」の「生まれて初めて」をキラッキラした表情で歌うめいめい…アンジュルムを卒業した後も休むことなく夢に向かって走り続けてるめいめいを観に行きたいなぁとふんわり思っていたのです。

 

そんな時ちょうど関東に住むお友達の家に遊びに行く機会があり、諸般の事情で空き時間ができたので1人で行けるスポットを探していたときに明治座さんの11月公演「京の螢火」にめいめいが出ていること、その舞台の座長が黒木瞳さんであることを知りました。

 

黒木瞳さんといえば昨年ドラマ「そして誰もいなくなった」でHey!Say!JUMPの伊野尾慧さん演じる日下瑛二くんのお母さんを演じていらっしゃった素晴らしい女優さんです。宝塚出身の大女優です。黒木さんと共演するめいめい…きっと嬉しくて近くで学びたくてワクワクしてるんだろうな…これは行くしかない!!というわけで初めての舞台観劇を行程に組み込んだのでした。

初めての人形町、初めての明治座…ホテルみたいにシックな建物。

 

f:id:music37life:20171120123727j:image

 

田村芽実」ののぼりも!(風がちょうど反対向きで上手に撮れなかった…)

f:id:music37life:20171127225235j:image

 

フロア内にはお土産屋さんが沢山あって、みんな試食を勧めてくださるので人形焼いっぱい試食しちゃいまりあ…🐰おみやげ加工されてる人形焼と、作ったその日の人形焼は全然違うということを学びました。

 

三階席で観劇したのですが、上からだと下手側の花道がほとんど見えなかったので失敗したなぁと思いました(´ω`)でも自分が舞台より遠くにいることを感じないくらい迫力のある役者さんの演技、そして情景を想像させてくれる巧みな場面転換…本格的な舞台観劇は初めてだったのですごく興奮しました。

 

めいめい演じる「おりょう」は坂本龍馬さん一筋!龍馬さんしか見えない!大好きな龍馬さんのためなら何だってできちゃう!周りなんて見えない!そんな天真爛漫さと危うさを両方持った女の子。龍馬さんに喜んでもらうために、黒木瞳さん演じるお登勢さんが大切に育てたお花をブチブチ摘み取るおりょう…息を呑んでしまうシーンでした。めいめいの声はよく通ってここまで聞こえて、天真爛漫な少女のような印象でしたがこのシーンはちょっと緊張しながら観てました。

 

お登勢さんに「あなたは大事な娘だから」と「大事なお客様」の龍馬さんを託されたおりょう…船に乗ってお別れする感動的なシーンでしたが花道見えなくてすごく残念でした(´ω`)次に舞台を観劇する機会があるときは絶対に二階より下に座りたいです。

 

そしてまさかの写真撮影OKのフィナーレ!!


やっぱりねぇ笑顔で踊ってるめいめいがわたしは大好きなんですねぇ…(オカンみ)。これだけで観に来た甲斐あったなぁって思えるくらい。初めての体験を沢山させてもらって、ほんとに行って良かったです。まためいめいに会いたい!ミュージカルしてるめいめいも観たい!お手紙も書いていって受付に預かっていただいたのですが読んでくれてるかな…応援してるよ!の気持ちが伝わってたらいいなぁと思います。

 

そして黒木瞳さんの所作が美しすぎてこの人は本当にわたしと同じ現代に生きていらっしゃるわたしと同じ性別女性なのであろうかと疑ってしまうレベル…きれい、いや、美しい…伊野尾さんもメロメロだったに違いない。ありがとうございました。

f:id:music37life:20171127231235j:image

 

千穐楽を迎えた舞台「京の螢火」ですが、明治座さんの公式YouTubeチャンネルでは公演ダイジェスト映像がアップされています。美しい黒木さんはもちろん、めいめいの演技も映ります(*´∀`*)出演者コメントの動画もあるので、喋ってるめいめいいつまでも見てられます…可愛いが過ぎる。

 

京の螢火ダイジェスト - YouTube

 

明治座11月「京の螢火」おりょう役 田村芽実 コメント - YouTube