兼任オタクは忙しい。

ハロオタでジャニオタのプリンセス(北の愚民)の日記。

「2018年、一回でいいから会いに行きたいアイドル」Travis Japanに会いに行った話

2018年8月18日 Summer Paradise 2018

Travis Japan公演!!

に!!!行ってきました!!!!

 

f:id:music37life:20180826190939j:image

 

誘っていただいたフォロワーさん、Jr.ド新規のわたしにも笑顔で話しかけてくれた同行者さんたち、皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

飛行機高かったし(お盆だからね)朝は早いし(ちょっとだけ安いからね)成田空港遠かったし(羽田発着便よりは安かったからね)成田空港の勝手がわからず心細い気持ちもありましたが(初めてだからね)、いま全く後悔していません。今年の目標達成したわ。清々しい気持ちです。

「現地に行ったらきっとわたしは宮近担もしくはのえる担になってしまうだろう」と思いながら会場入りしたわたしですが、終演後やばい」と呟きまくるババァになって会場から出てくるわたしの姿がありました。の沼は深そうだ。

 

聞き馴染みのある仮面舞踏会やパラダイス銀河の音楽にのせてキレッキレ美しいダンスを舞いながら「みんなも一緒に踊ってね〜」「いや無理じゃね?」「踊れたらすごい」「無理だよ」ってお喋りしてるにも関わらずキレッキレ美しく舞うTravis Japan

上手下手に配置された踊り場だらけの階段(非常階段にしか見えない)を登ってステージのさらに上で歌う硝子の少年、とっても素敵でした。

 

映像を挟んでのHappy Groovy…これはYouTubeチャンネルでいっぱい見たからコールアンドレスポンスもちゃんと出来たしすっごく楽しかったー!楽しいが溢れ出すステージたまらんー!

まさか曲終了後、何曲か挟んでからコールアンドレスポンスの練習をさせられるとは思いもしませんでした。先にやらせて!笑

 

あるとき松倉くんが一人で出てきて「え、何、何が始まるの」と思ったらあからさまに夢ハリが始まりそうな音楽に乗せて謎のソロを歌い始めて「え、え、」ってなってる間に夢のハリウッドに連れて行かれていました。こわい。

 

中間部では嵐さんのインザルームを歌っていたのですが、思いのほか似合っていました。オシャンティーなダンス曲との親和性が高い。あとオシャンティーな曲における吉澤閑也くんのダンスが凄く好きです。彼のダンスはキレがあるのに艶もあると思うの。好き。

少クラで披露していたWait for you と、V6さんのライブ前に頑張ってアルバム聴いてたので覚えていたSPARK、も、良かったです。とにかくダンス曲との親和性が高い。

PICK IT UPもカッコよかった!サビの途中でお洋服つまみながら横に動く動きがとても好き。このイントロがかかった瞬間「あ、こりゃTONIGHTはやらない感じですかね」と察してしまい少々切ない気持ちも込み上げてきましたが仕方ない。

そして前半ラストはわたしがジャニーズWESTさんの曲の中で2番目に好きなone chance!!ちなみに1番はもちろん「人生は素晴らしい」です!!聞かれなくても言う!

最初タイトル出てこなくて「やれふぃーばーだ!やれふぃーばーキタァァァァ」ってめっちゃテンション上がりました。この曲の間奏が大好きで、間奏における松倉くんがすごくカッコ良かったものだからオペラグラスでひたすら松倉くんだけを追いかけていた結果、まさかの「超イイ」でカメラに抜かれた松倉くんのドアップを見逃しました。つらい。でもずっと見てたよ。引きで。

 

企画コーナーはトラジャ海の家(о´∀`о)

2チームに分かれてイン…じゃなかった、トラスタ映えを狙うバトル方式です。店長は宮近くん。

のえる松松チームがひたすら可愛かったし「ハイ松松ケンカしなーい」って怒られてるのも可愛かったし、どうしよう、 松松を前にするとわたし過保護になる。 こわい。

 

この日はKis-My-Ft2の二階堂くんが見学に来ていました。わたしは二階堂くんが見学に来ていることもびっくりしましたが何より見学席が檻に囲まれていることにびっくりしました。ところで松田くんはどうして二階堂くんに岩石岩男と呼ばれているのでしょうかw

二階堂くんに質問されるものの、なんで中村海人くんが怪我したかをあの手この手で誤魔化そうとするトラジャ謎の結束力。七五三掛くんの「その(二階堂くんの服の)袖、ぼく入れますかぁ?」には萌えを感じました。さんざん話を引っ張ってましたが、中村くんリハ中足をくじいたらしい。普通か!安心だよ!!

そんな中村くんによるグッズ紹介、適度に雑で愉快でした。ツッコミが間に合わない。笑

わたしの大好物キスマイコーリングのTravis Japanバージョン、TJコーリング楽しかった!ちゃっかちゃんだよー!イェェェェェェェェイ!!(サンシャイン池崎になりがち)

どうしても「まつく」のタイミングがわからなくて叫べませんでした。ごめんね。

 

そして「Dance with me〜Lesson1〜」…これまた楽しいが溢れ出す曲!少クラではスマートに6人のポーズを正していた宮近くん、ライブではテンション高すぎver.でした。トントントントンワシントーンわろた。からの、中村くんのポージング直すのスルーして「直せよ!!」ってブチギレられてるの面白すぎました。

ていうか中村海人くん前述のとおり足を怪我されていて、まぁ確かに不在の曲とかもあったんですけど普通に踊ってるようにわたしには見えたよ。すごいね。彼の本気は計り知れない。わたし中村くんの夢ハリの「まるでーゆめーのようなっ」の「なっ」のところめっちゃ好きです。唐突な告白。

f:id:music37life:20180826190958p:image

 

そして上手下手に堂々と立つ松倉くんと松田くん…!!!これがかの有名な松松というやつ…!!!心がときめくわたしと、客席に多々いらっしゃったご様子の松松担たち。「ONE DAY」というのはSHOCKの曲なんですね。このあとお泊まりした友達の家で「おお勇者よ、松松ババァになったのですね。そなたはすぐに一度SHOCKを観た方がよいでしょう。」と助言されたのでAmazonで検索したんですが最新の盤が2013年だそうで…松松いない…つらい…

 

ラスト付近で披露された「Guys PLAYZONE」は宗教曲でした。もうなんだかわからないけど「ガイズ!プレイ!ゾーーーン!!」って叫んでる自分がいました。6人が踊り狂う中センターに立って歌う中村くんの姿はちょっと神々しかったです。

Hey!Say!JUMPさんの「Born in the Earth」が流れた瞬間の安心感ったらなかったのでわたしはやはりJUMP担だと改めて気付かされましたね。良かったです。本編ラストの嵐さんの「Power of Paradise」も凄く仕上がりが良かったので、Travis Japan × 嵐さん曲、やはり良いです。

 

アンコールすぐ出て来てくれました(^^)オープニングでも披露してくれたサマパラオリジナル曲を再度披露して、彼らはハケて行きました。さまぱらら、さまぱらら。

余韻に身を任せてグッズ売場に行きましたがアクリルスタンドなんてものは存在していなかったので、いつも通りフォトセを買って帰りました。出来心で「Travis Japan アクリルスタンド」とメルカリの検索欄に入力したら5,000円とかで松倉くんのアクリルスタンド売ってたので、売主の皆様には呪いの呪文を唱えたいと思います。

f:id:music37life:20180826194614j:image

※注  職場の机(リアルガチ)

 

このあとジャニオタの友達の家で、数年前に録画されていた松松歌唱を見せてもらったり、PLAYZONETravis Japanを見せてもらったり、手当たり次第に昔の少クラを再生して「バックのJr.たちから松松を探せ!」ゲームをしたり、河合くんの変遷を振り返って「今の河合くんが一番かっこいい」という友達のプレゼンを聞いたり、「なぜ人は人を好きになりすぎると愛称で呼べなくなってしまうのか」を二人で考えたりしてたら夜中の3時になってました。超楽しかったです。超イイ。

 

今回の旅でもまた珍しくジャニショには行かなかったのですが、汐留でSexy Zoneと写真撮ったりして遊んで来ました。結局ジャニオタ。

f:id:music37life:20180826192218j:image

#いちおう松倉担っぽい服を着てきた

#結果マリウス担っぽくなった

 

翌日はHey!Say!JUMPさんのライブの一般販売だったものですからわたしも帰路の途中で45分間182回に渡って電話をかけ続けましたが一度もコンサート事務局とお話することは叶いませんでした。何度かけても「こちらは、NTTド…」となるものですから、この45分間NTTさんのことがめっちゃ嫌いになりました。やはり機材解放席のご案内が届くのを待つしかないようです。BANGER NIGHTのMVを観ながらひたすら待とうと思います。わたし負けない。

 

ああ、夏が終ったね。