兼任オタクは忙しい。

ハロオタでジャニオタのプリンセス(北の愚民)の日記。

ジャニオタ3年生のジャニーズ楽曲大賞2018

ジャニーズ楽曲大賞2018の結果発表が終わりました。管理人さん、今年も長い時間お疲れ様でした、ありがとうございました。ジャニオタ3年生に突入しましたが、やはり1年生(2016)のときの「ブギノォ…」を超えるコメントはもう現れないのかもしれない…とどうでもいいことを考えてしまうくらいブギノォが好きです。

 

それではわたくしのジャニーズ楽曲大賞2018を発表いたします。

 

 

楽曲部門

1位「逆転ラバーズ」 KEN☆Tackey (本家第4位)

あなたそんなにKEN☆Tackey好きでしたっけ~~??という声が聞こえてきます。しかし思い出してほしい、わたしはそもそも三宅くんが好きなのです。KEN☆Tackey三宅健として舞う三宅くんはキレがキレすぎて超かっこよかったです。それはさておき、一時期は暇さえあれば「けんたっきーけんたっきーけんたっきーー」って口ずさんでしまっていました。サビのメロディーが麻薬。

 

2位「名脇役」 Sexy Zone (本家第8位)

運転しながら初めて通しで聴いて涙で景色が滲んでしまい、身の危険を感じて最寄のコンビニで一時停止したあの日が懐かしいですね。個人的に歌詞が沁みすぎました。

idol-kenota.hatenablog.jp

 

これセクゾの中だけだと第3位の「カラクリだらけのテンダネス」に次ぐ2番手なんですよね、すごい。カラクリもイントロすごくかっこいいし世界観もドラマまんまだし振付もマネしやすいところが多くて良かったんだけどちょっと途中から松島くんが不在になってしまった悲しみの方が大きすぎました。つらい。

 

3位「女王蜂」 Hey!Say!JUMP (本家第33位)

光くんにウッドベースを弾いてほしい。長めの髪の毛をセクシーに結った光くんがウッドベースを爪弾いてる姿が見たい。ピアノはもちろん伊野尾さんです。エレクトリックベースと電子ピアノじゃ駄目なんです、ウッドベースとグランドピアノがいいんです。お願いします。あとスネアドラムをリズミカルにブラシで鳴らすゆーてぃも見たい。お願いします。ライブのチケットご用意されてないので女王蜂に飢えています。

 

4位「Bubble Gum」 有岡大貴(HeySay!JUMP) (本家第46位)

JUMPのソロ曲はみんな個性があふれてて大変素晴らしかったです。「その人にしか歌えないソロ曲」という観点でどれか一つ選べと言われたら大ちゃんか知念かなって思ってたのですが、うーん僅差で大ちゃんかな。知念のはもう知念のキャラソンですからねw 大ちゃんの曲はありふれていそうでそうじゃない、大人なのに少年なあの歌声の大ちゃんにしか歌えないのではと思いました。てかソロ曲で一番順位が高かったの自担(第18位)だったのびっくりしました。みんなエロいのがお好きね!笑

 

5位「シンデレラガール」 King & Prince (本家第1位)

文句なしの1位だろうなと思っていました。ですよねー!メディア露出もすごかったし、歌番組で何回歌うのってくらい歌ってたし、気付いたら壮大な別アレンジのシンデレラガールまで誕生してたし。文句ないです。わたしもしょっちゅうAメロ岸くんのパートを口ずさんでいました。「え、このメロディーどこから来たの?え?この展開どうなってるの?」って動揺している間に聞きなれた間奏へ向かっていく2番が未だに覚えられません。スーパーのBGMで2番が流れていたときはキンプリの新曲かと思いました。

 

あとジャニーズWESTの「プリンシパルの君へ」(本家第16位)もだいぶ好きでした。イントロでおもちゃみたいに飛び出してくる小瀧くんが大好きでした。めちゃめちゃ好きだったんですけど「楽曲に大賞というよりは小瀧くんに大賞やん」と我に返りました。

 

 

未音源化部門

 

1位「superman」 Love-tune

Love-tuneと安井くんとわたし - 兼任オタクは忙しい。

安井くんにはまた歌って踊ってほしい。ステージはどこでもいい。絶対にまた会いたい。うっっ。

 

2位「Lock Lock」 Travis Japan


Travis Japan【ダンス動画】Lock Lock(dance ver.)

Travis幼稚園Japanも大好きですがTravisオラオラJapanも大好きです。この曲はTravis Japanのダンスの上手さで常時フォォォォ!!!ってなるところが好きです。腕をぐるぐるして振り上げる振付もライブで一緒に盛り上がれるし、イェーエーって叫べるし、最高です。

 

3位「babygone」 HiHi Jets

トラジャの「Happy Groovy」と相当悩みましたがこっちにしました。ちょっとEDM風のピコピコ音と滑らかに移動するローラースケートの組み合わせが意外にハマってて素敵だなと思いました。後半サビで作間くんがセンターに立つところの振付もよい。ハイハイはもう少しフリが揃ったら最強だと思うのですが、ローラースケートのせいなのだろうか…,

 

MV部門

 

「BANGER NIGHT」 Hey!Say!JUMP (本家第2位)

メイキングも加味してダントツの一位だと思ってたのでジャポニカの支持率の高さにビビりました…確かに桜舞い散る世界観の中に立つ京本大我くんは美しかった…。

しかしBANGER NIGHTもかっこいいのさ!ガツガツ踊るHey!Say!JUMPさん大好きだし、定点カメラ大好きだし、振り入れの様子まで見せていただいて幸せでした。このMVを見ると「わたしJUMPのこともうちょっと応援していたい」って思える。ライブのチケット手に入れられずテンション下がってFC継続を悩んでいたわたしの背中を押してくれたMVです。

あと突然上手側からフレームインするこのシーンがすごく好きなんだけど誰かわかっていただけますでしょうか。

f:id:music37life:20190216225259j:image

 

現場部門

 

「Summer Paradise 2018」 Travis Japan (本家第26位)

idol-kenota.hatenablog.jp

 

ご清聴ありがとうございました。

ちなみにハロプロ楽曲大賞に引き続きわたしの推しメンを羅列しようとしたところ「嘘…ジャニーズのグループ多すぎィ…」ってなったので、デビュー組については今までの記事からお察しいただきまして、あまり語っていないJr.組の推しメンを羅列しておきたいと思います。

宇宙Sixの小さくて金髪でダンスが上手な山本亮太さん

Snow Manはオタクでダンスが上手な佐久間

MADEはディスコスター様の付き人秋山大河くん

Travis Japanはシャカリキダンスの松倉くん(最近うみんちゅも気になる)

SixTONESはうーん…なんだかんだジェシー(彼は魅せ方がうまいよね)

なにわ男子は二宮信者の西畑くん(お目目うるうる大西くんの成長も見守りたい)

関ジュは室龍太くん(まだいてくれるよね?)

 

いろんなことがあった2018年、そして嵐の休止発表で早速ザワザワしている2019年…今年はどんなジャニオタ生活になるかしら。まずはアイドルの皆さんが健やかにキラキラ輝いていられますように。そしてわたしにライブのチケットをご用意していただきたいです。どうか。